花子とアンのももちゃん

NHKドラマ<花子とアン>を一生懸命に見ています。
主人公のはなの人生は勿論、興味深いのですが、
今週は、はなの一番下の妹のももが愛しく、せつなくありました。

朝市に思いをよせるももに、はなは、
<心に思っていることを伝えないのは、思っていないことと同じことだよ>
と、朝市に告白するように背中を押します。


ももは、朝市は実は、はなのことが好きなことを知っていました。
それでも一生分の勇気を振り絞って、告白するのです。
それだけでも、私は大感激でしたが、
ももは、こうも付け加えたのです。
<朝市さんもはなにちゃんと思いを伝えて>

教師のはなは、身ぎれいな恰好をしていますが、
ももは毎日を農業に費やし、顔は真っ黒。着物もつぎはぎ。

でも、その言葉を伝えているももは、とっても綺麗でした。
朝市の気持ちに気ずかずに、ももにおせっかいをしたはなより大人でした。

ももは初恋の思いをとげられずに北海道にお嫁にいくことになります。
そんな彼女に涙がとまりませんでした。
ももちゃん、北海道で幸せな結婚生活が送れますように!

Comments are closed.