たかが新聞と言わないで

暑いですね。
夏にはちょっと嫌な思い出があります。
私ではなく友人の話ですが、夏のある暑い日、おじいさんの孤独死に立ち会ってしまった事があるそうです。

そのおじいさんは、友人の隣の部屋に住んでいました。
変な匂いが隣の部屋からすると大家さんに鍵を開けてもらった結果、残念な事になってしまっていました。

どうしてそこに至るまでに誰も気付かれなかったのか。
そこのおじいさん、癖なのか面倒くさがりなのか分からないのですが、新聞を取っているにも関わらず、
1週間纏めて新聞受けから引き抜くらしく、新聞が溜まってても、配達の人も、近所の人も、そして友人も、
いつもの事と思って特に疑問に思わなかった……その結果がこれでした。

友人はその後、引っ越しせざるを得なくなりました。


だから、全国の一人暮らしで新聞を取っている方に言いたいです。
新聞を毎日放置せずに受け取っていれば、万が一倒れた時、翌日には異変に気付いてもらえるかも知れない。

案外、そんな些細な事が、悲しい結末を避ける要因なのかも知れませんね。

Comments are closed.